法定相続分の事例

この章では、相続人が誰かによって法定相続分がどのように変化するかについて、具体的な事例に基づいて御説明致します。


【1】妻と子3人がいる場合

_MG_07250006.png
配偶者と子がいる場合というのは相続の中で一番多い事例だと思われます。配偶者の相続分は常に1/2であり、子は残りの1/2を兄弟間で等分することになります。

また子は、結婚して他家に嫁いだ子であっても、相続に関しましては他の子と平等に扱われます。配偶者がいない場合は子だけで等分します。被相続人の子がいる場合には、被相続人の親や兄弟姉妹に相続分はありません。
 
妻・・・1/2
子3人・・・(各)1/2×1/3=1/6

【2】妻と子3人がいるが、子のうち1人(次男)が相続放棄している場合

相続放棄をした者は、その相続に関してはじめから相続人とならなかったものとみなされます。その他の相続人だけで遺産を分割することになります。子の一人が相続放棄した場合、配偶者の相続分は影響を受けず、子の相続分だけが変わります。

なお相続放棄をした者の子は(このケースでは次男の子=被相続人の孫)、親が相続するはずだった相続分を代襲相続することはできません。被相続人の親が存命の場合に、被相続人の子供が全員相続放棄した場合は、配偶者が3分の2、親が3分の1を相続します。
 
妻・・・1/2
長男・長女・・・(各)1/2×1/2=1/4
次男(相続放棄)・・・0

【3】妻と実子2人(長男・長女)と養子1人(次男)がいる場合

養子とは法律上血縁があるのと同じにするということであり、実子と同じように取り扱われます。被相続人に養子と実子がある場合でも、養子は実子と何ら変わることなく平等に取り扱われます。

これとは逆に、実子のうち誰かが養子に行ったというケースもあります。現在の法律では、養子に行った子も他の子と同じように実の親の遺産を相続することができます(ただし、特別養子制度による養子を除きます)。

 

妻・・・1/2
長男・長女(実子)・・・(各)1/2×1/3=1/6
次男(養子)・・・1/2×1/3=1/6

【4】妻と実子一人(長女)と長女の婿がいる場合

ひとり娘に婿を取って家を継がせるということは広く行われていますが、現在の法律には「家を継ぐ」という制度はありませんし、そのため単に結婚して妻側の姓を名乗っても、婿が妻の親の遺産を相続することはできません。

ただし婿が娘と結婚するだけでなく、妻の親との間で養子縁組をしたのであれば、【3】の事例の通り養子は実子と同じ相続権を持ちますから、婿が娘と同じ立場で親の遺産を相続し、被相続人の妻が2分の1、娘と婿が残りの2分の1を半分ずつ相続します。

被相続人の立場からすれば、娘婿に財産を残したい場合には(事業を承継してもらうために持ち株を相続させる場合など)、娘婿と養子縁組を行うことで、本来相続権のない娘婿に自らの財産を相続させることが可能になります。

 

妻・・・1/2
娘・・・1/2×1/2=1/4
娘の夫(婿・被相続人と養子縁組済)・・・1/2×1/2=1/4

【5】妻と子3人がいたが、長男が相続開始前に死亡しており、長男の子が2人いる場合

代襲相続とは、親が死亡または相続欠格・排除で相続できないときに、子が親に代わって相続することです。このケースは相続開始前に被相続人の長男が死亡しているので、長男の子(被相続人の孫)が代襲相続をします。

長男の子は2人いるので、長男が相続するはずであった相続分を、さらに2分の1ずつ相続します。なお、相続人が相続放棄した場合、その子(被相続人の孫)は代襲相続することができません。

 

妻・・・1/2
長女・次男・・・(各)1/2×1/3=1/6
孫A・B(死亡した長男の子)・・・(各)1/2×1/3×1/2=1/12

 

【6】妻と子2人が既に死亡し、子aには子供が一人(孫A)、子bには子供が二人いた(孫B・孫C)場合

被相続人の配偶者は死亡、子供たちも早死にしていて幼い孫たちだけが相続人となる場合があります。被相続人の孫は、親に代わって親が相続するはずであった相続分を代襲相続することになります。したがって、孫Aは1人で親の相続分を、孫B・孫Cは2人で親の相続分を代襲相続します。このように同じように被相続人の孫であっても、孫の数によってはその相続分が変わるのです。

 

孫A・・・1/2

孫B・孫C・・・(各)1/2×1/2=1/4


【7】妻と子3人(長男・長女・次男)の他、愛人との間に子がいる場合

被相続人の妻以外の女性から生まれた子であっても、被相続人に認知され非嫡出子となれば相続権を持ちます。ただし、法律で非嫡出子の相続分は嫡出の子の相続分の2分の1と規定されています。もし、被相続人に嫡出の子がなければ、非嫡出子が子としての相続分をすべて相続することになります。なお、愛人や内縁の妻は相続人になることはできず、相続分はありません。

 

妻・・・1/2

長男・長女・次男・・・(各)1/2×2/7=2/14

愛人・・・なし

愛人の子・・・1/2×1/7=1/14


【8】親(被相続人の父親・母親が存命の場合)が相続人となる場合

血族の相続人としては子が第一順位であり、子が相続開始時に既に死亡しており相続できないときはその子(孫)が代襲相続をします。しかし被相続人の子が既に死亡しており、子の代襲者もいない場合は、第二順位である被相続人の親が相続人になります。このときの相続分は、配偶者が3分の2、親は3分の1です。子も配偶者もいなければ、親がすべてを相続します。

 

妻・・・2/3

父親・母親・・・(各)1/3×1/2=1/6


【9】兄弟姉妹(被相続人に弟・妹がいる場合)が相続人となる場合

被相続人の兄弟姉妹が相続人となるのは、被相続人の子・孫・曾孫および父母・祖父母のいずれもいない時に限られます。相続分は被相続人の妻が4分の3、残り4分の1を兄弟姉妹が均等に分割することになります。配偶者もいなければ、すべてを兄弟姉妹が相続します。ただし、兄弟姉妹には遺留分がないため、遺言によって遺産を他の人に遺贈されると相続はできないことになります。

 

妻・・・3/4

弟・妹・・・(各)1/4×1/2=1/8


【10】甥・姪(被相続人に弟・妹がおり、弟は既に死亡しているが弟には子が二人いる場合)が相続する場合

【9】で説明したように、被相続人の子・孫・曾孫および父母・祖父母のいずれもいないときは、兄弟姉妹が相続人になります。さらに、兄弟姉妹の中に相続開始時には既に死亡している者がいて、その子(被相続人の甥・姪)がいる場合、甥・姪が代襲相続することになります。代襲相続は親の相続分を親に代わって相続しますから、仮に2人兄弟であれば、それを2分することになります。なおこの事例では代襲相続は甥・姪で打ちきりになり、甥・姪の子供は代襲相続をしません。

 

妻・・・3/4

妹・・・1/4×1/2=1/8

オイ・メイ・・・(各)1/4×1/2×1/2=1/16


【11】妻は既に死亡しているが、先妻の子2人と後妻の子2人がいる場合

被相続人に、先妻の子と後妻の子がいる場合があります。子にとって母親は違いますが、父親は共通でいずれも嫡出の子です。この場合先妻の子であるか、後妻の子であるかによって区別はされず、相続分は子の数で等分されます。

なお、先妻の生存中に愛人の子として生まれ当時は非嫡出子であったものの、後に愛人が後妻として正式の配偶者になった場合は、被嫡出子であった子も嫡出子となります。これを準正といいます。

 

嫡出子の4人・・・(各)1/4


【12】妻は既に死亡しているが、子3人(長男・長女・次男)と妻の連れ子がいる場合

妻の連れ子は父から見れば法律上の親子関係はありませんので、連れ子に相続権はありません。連れ子にも相続をさせたい場合は、被相続人の存命中に養子縁組をしておくか、遺言で遺贈をしておく必要があります。養子縁組をしておけば、養子となった連れ子も他の兄弟姉妹と同等の相続分を持ちます(【3】の事例参照)。

 

長男・長女・次男・・・(各)1/3

連れ子(被相続人と養子縁組未了)・・・なし


【13】妻と子二人(長男・長女)がおり、妻が妊娠中の場合

胎児は出生以前には人間としての権利能力を持っていませんが、生まれて子孫になることが予定されているため、すでに生まれたものとして相続人に加えることになります。つまり胎児であっても、出生済みの兄・姉と同等の相続分を持ちます。ただし、死んで生まれた場合はこの規定は適応されません。


■胎児が生きて産まれたとき

妻・・・1/2

長男・長女・胎児・・・(各)1/6

 

■胎児が死産のとき

妻・・・1/2

長男・長女・・・1/4

 

【14】妻と子が2人(長男・長女)いるが、長男が相続欠格ないし相続排除されている場合

故意に相続人を死亡させ刑に処せられたりした者や、遺言を偽造するなど相続について犯罪行為をした者は、相続権を失い遺贈を受ける権利も失います。また排除とは、被相続人の意思によって相続人になるべき者の相続権を失わせる手続きです。ただし、相続欠格・排除となった者の子や孫は代襲権を持ちます。代襲相続する者もいないときは、排除された者は存在しないものとして遺産の分割が行われます。

 

妻・・・1/2

長男・・・0

長女・・・1/2

 

相続に関する情報はこちら

相続の基礎知識

相続とは

相続の流れ

相続手続き

法定相続人とは

法定相続分の事例

相続できる財産とは

相続人調査と財産調査

弁護士と司法書士の違い


 

相続・遺産分割に関する相談を受け付けています。お気軽にご相談下さい。 046-828-3785

 

相続・遺言・遺産分割のご相談はさくら横須賀法律事務所へ

事務所紹介

弁護士紹介

料金表

解決事例

相談の流れ

アクセスマップ


 
横浜弁護士会所属 さくら横須賀法律事務所

神奈川県横須賀市米が浜通1丁目7番地2
サクマ横須賀ビル3階302