暦年贈与と連年贈与

_MG_30970015.jpg
贈与税は、相続税を補完する性格から相続税と比較して税率は高いですが、年110万円の基礎控除額等を利用し、時間(年数)をかけることにより節税の効果が増大します。

暦年贈与とは

毎年1月1日~12月31日までの間(暦年)に贈与を受けた財産の金額の合計額に応じて贈与税を払う、いわゆる通常の贈与を指します。
 
贈与を受けた金額が110万円(基礎控除額)以下なら贈与税の申告が不要です。しかし、110万円を超える贈与を受けた場合には、贈与年の翌年2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告が必要になります。その際、110万円を超える部分に贈与税が課されます。

連年贈与とは

「贈与を受けた金額が110万円の基礎控除額以下なら贈与税の申告が不要」という制度を活用し、例えば毎年110万円ずつ20年にわたって贈与するとします。すると、20年間で110万円×20年=2,200万円贈与したことと同じになります。

1年単位では、基礎控除額110万円以下なので無税と考えますが、こうした方法は最初から2,200万円の贈与をする意図があったものとみなされ、2,200万円全額に課税されてしまうことがあります。これを連年贈与といいます。

連年贈与とみなされないためには、以下のような工夫が必要です。

  • 贈与のつど、贈与契約書を作成する
  • 受贈者本人の預金口座に振り込み、証拠を残す
  • ときには110万円を超える贈与をし、贈与税申告をする等の記録を残す
  • 毎年違う時期に、違う金額で贈与を行う等、単発の贈与であることを強調する
  • 受贈者自身が口座を作り、通帳と印鑑を管理する 

 

生前贈与に関する情報はこちら

生前贈与

暦年贈与と連年贈与

相続時精算課税

住宅取得資金の特例

夫婦間の贈与

負担付死因贈与契約


 

相続・遺産分割に関する相談を受け付けています。お気軽にご相談下さい。 046-828-3785

 

相続・遺言・遺産分割のご相談はさくら横須賀法律事務所へ

事務所紹介

弁護士紹介

料金表

解決事例

相談の流れ

アクセスマップ


 
横浜弁護士会所属 さくら横須賀法律事務所

神奈川県横須賀市米が浜通1丁目7番地2
サクマ横須賀ビル3階302