自分に合った相続対策を見つける

_MG_30970015.jpg

誰にとっても万全の策というものがなく、その人の状況・環境によって対策の形が大きく異なるのが「相続対策」です。

さらに相続対策は非常に細かく決まりごとが定められていますので、あなたに適した相続対策をするためには、弁護士をはじめとする専門家に相談していただくことが一番の近道です。

こちらでは、対策のポイントを記載します。

 
一言で、「相続対策」といっても、
  • 『遺産を残す本人が生前に実行する対策』
  • 『相続が発生した後に、相続人の立場で行なう対策』
の二つがあります。上記の2つは、場面が全く違いますので、分けて考える必要があります。

生前の対策

ご本人が生前に相続対策を行う場合は、ご本人自身の老後の生活設計、残される者の生活設計を考え、対策を練ることが必要となります。

生前の相続対策ポイント① 遺言書の作成で相続者同士の無用の争いを避けること

特に配偶者の生活基盤を確保することが重要です。残された相続人間で争いが起きないよう、遺言書を作成し、その中で遺産分割方法を指定しておくことが必要です。その際に遺留分についても配慮しておくと無用の争いを避けることができます。

生前の相続対策ポイント② 相続にかかる税金の支払い準備

また、納税資金を調達する準備が必要です。税制改正の動きを見ていますと、基礎控除の額を引き下げる動きがありますので、これまで納税が必要でなかった人たちにも課税される可能性が高くなるため、納税資金を手当てしておくことが必要となります。

生前の相続対策ポイント③ 節税対策

その他には、節税対策として、財産移転(生前贈与の活用)や評価額の引き下げ(資産の組み換え)も有効です。いずれにせよ、時間に余裕を持って相続設計に取り組みたいものです。当事務所は、相続対策のお手伝いをいたします。

相続後の分割対策

相続発生後は、その立場によって、行なうべきことは異なります。ここでは、相続が発生したにもかかわらず、何も知らされていない相続人のケースを考えてみましょう。

相続発生後の相続対策ポイント① 自分の相続遺留分の有無・内容の確認・把握

この方の立場では、他の相続人に対し、遺言の有無・相続財産の内容の確認が必要です。その上で、自分自身の遺留分が侵害されていることがわかったら、遺留分減殺請求を行なう必要がありますし、遺言が存在せず、遺産分割協議がまだ行なわれていなかったら、遺産分割協議を進めていくことになります。
相続人同士、無用な争いはなるべく避けて合理的な分割を考えたいものです。

相続発生後の相続対策ポイント② 遺留分の財産としての価値の確認

生前においても、相続発生後においても、プラス・マイナス財産の有無やそれぞれの立場により、自分自身でもわかりえない、知りえていない要望やお悩みが、相続に関する問題には多くつきまといます。

ご相談者様ご自身に合った相続対策をつくるためには、専門家への相談とアドバイスが不可欠です。円滑かつ後味が悪くならない、幸せな相続を実現するためにもまずは相続の専門家である弁護士にご相談いただければと思います。

当事務所では相続に関するお悩み解決のための相談会を実施しております。相談を通じてご相談者様に合った相続対策作成のサポートができればと思っております。少しでもお悩みや問題がございましたら私ども弁護士にご相談していただければと思います。

 

相続税対策プランニングに関する情報はこちら

自分に合った相続対策を見つける

自分に合った相続対策をつくる


 

相続・遺産分割に関する相談を受け付けています。お気軽にご相談下さい。 046-828-3785

 

相続・遺言・遺産分割のご相談はさくら横須賀法律事務所へ

事務所紹介

弁護士紹介

料金表

解決事例

相談の流れ

アクセスマップ


 
横浜弁護士会所属 さくら横須賀法律事務所

神奈川県横須賀市米が浜通1丁目7番地2
サクマ横須賀ビル3階302